イヤホン ガジェット

Bluetoothのコーデックとは?音質や遅延速度が変わるの?~SBC・AAC・Apt-X・LDACの違いを解説~

ゆっけい

皆さんこんにちは!ゆっけいです!

皆さんはワイヤレスイヤホンやBluetoothスピーカーのスペックに記載されている「対応コーデック」について深く考えたことはありますか?

本記事では、Bluetoothのオーディオ製品に使われている「コーデック」について詳しく解説するとともに、それぞれのコーデックにおける「音質」や「遅延性」などをランキング形式で紹介していこうと思いますので、現在、Bluetoothオーディオ製品を持っている方にも、これから買おうとしている方にも有益な情報となっています。是非最後までご覧下さい!

Bluetoothにおけるコーデックとは?

Bluetoothのロゴマーク
Bluetoothのロゴマーク

Bluetoothにおけるコーデックとは「音声データを圧縮・復元する方式」のことをいいます。

スマートフォンやパソコンなどの送信側からBluetoothオーディオ製品などの受信側へ音声データをそのままの状態で送ってしまうと、データ量が膨大で遅延が生じる恐れがあります。そのためコーデックにより、その音声データを圧縮してデータ量を削減する必要があるというわけです。

代表的なコーデックとして「SBC」や「AAC」「aptX」などがあり、それぞれに「音質」「遅延」「接続安定性」が異なります。

送信側と受信側の2つが同じコーデックに対応している必要がある

代表的なコーデックとして挙げた「SBC」「AAC」「aptX」の中では一般的に「aptX」が最も高品質であるといわれていますが、このコーデック(aptX)を使用するためには、スマートフォンや音楽再生プレーヤーなどの端末(送信側)とワイヤレスイヤホンなどのBluetooth機器(受信側)が両方とも「aptX」に対応している必要があります。

分かりにくい方のために、コーデック対応表を作成しましたので参照してください。


送信機\受信機

SBC
SBC
AAC
SBC
AAC
aptX
SBCSBC
で接続
SBC
で接続
SBC
で接続
SBC
AAC
SBC
で接続
AAC
で接続
AAC
で接続
SBC
aptX
SBC
で接続
SBC
で接続
aptX
で接続
SBC
AAC
aptX
SBC
で接続
AAC
で接続
aptX
で接続

次の章で説明する「コーデック対応表」に記載されていない、その他のコーデックについても同じルールとなっていますので、ご了承ください。

Bluetoothにおけるコーデック一覧

Bluetooth接続イメージ
Bluetooth接続イメージ

では、コーデックにはどのようなものがあるのでしょうか?まずはコーデックの一覧表を作成したので、そちらをご覧ください。

コーデック信号処理ビットレート遅延性ハイレゾ
SBC48kHz/16bit192kbps※1220ms±50ms非対応
AAC48kHz/16bit非公表※2120ms±30ms非対応
aptX48kHz/16bit384kbps70ms±10ms非対応
aptX HD48kHz/24bit576kbps約130ms対応
aptX LL48kHz/16bit352kbps40ms未満非対応
aptX adaptive48kHz/24bit280kbps〜
420kbps
50ms〜80ms対応
LDAC96kHz/24bit990kbps
660kbps
330kbps
約1000ms対応
HWA96kHz/24bit900kbps
500/560kbps
400kbps
300~400ms
150~200ms
50~100ms
対応
samsung
scalable codec
96kHz/24bit非公表非公表対応

※1 bitpool53に設定可能な機器であれば328kbps
※2 非公表ではあるが、256kbps程度といわれている

ハイレゾの定義とは

ハイレゾの定義はCD(44.1kHz/16bit)を超える信号処理機能を有する音源や機器となっています

SBC

Sub Band Codec
Sub Band Codec

「SBC(Sub Band Codec)」とはオーディオ向けの音楽再生プロファイル(A2DP)に必ず対応しているコーデックで、Bluetoothオーディオにおける標準コーデックとなっています。

Bluetoothオーディオ製品であればSBCには必ず対応しており、どのような製品の組み合わせでも原則、再生が可能です。

基本的には今回紹介するコーデックの中で「音質的に1番劣る」と言われていますが、技術の進歩によりbitpool値を53に設定できる機器も増えてきていることから機器によっては他のコーデックとも遜色のない程度の音質で音楽を楽しむことができます。

信号処理対応ビットレート遅延性ハイレゾ
48kHz/16bit192kbps(bitpool:32)
328kbps(bitpool:53)
220ms±50ms非対応

AAC

Advanced Audio Coding
Advanced Audio Coding

「AAC(Advanced Audio Coding)」は一般的にはSBCよりも低遅延かつ高音質なコーデックと言われています。

iPhoneやiPadなどのApple製品はSBCとAACの2種類にしか対応していないため、AppleユーザーにとってはAACが最も高品質なコーデックとなっています。

またAACの対応ビットレートは非公表となっていますが、256kbps程度ではないかといわれています。

信号処理対応ビットレート遅延性ハイレゾ
48kHz/16bit非公表
(256kbps程度)
120ms±30ms非対応

aptX

aptX
aptX(出典:Qualcomm公式

「aptX」はスマホ半導体事業大手のQualcomm(クアルコム)社が提供しているコーデックで、一般的にはAACよりも更に高品質なコーデックと言われています。

Qualcomm社のAndroid向けスマートフォンのチップにもapt-Xが標準搭載されているため、Androidスマートフォンに広く対応していることが特長のひとつです。

信号処理対応ビットレート遅延性ハイレゾ
48kHz/16bit384kbps70ms±10ms非対応

apt-X HD

aptX HD
aptX HD(出典:Qualcomm公式

「aptX HD」はaptXを拡張したコーデックです。aptXでは48kHz/16bitだった信号処理能力が、「aptX HD」では48kHz/24bitまで対応可能になったことで、ワイヤレスながらハイレゾ相当での音声データ転送が実現しました。

ただ、aptXよりも高音質ではある一方、遅延がやや大きくなるという欠点があります。

また、aptXほど普及はしておらず、一部のハイエンドモデルに搭載されることが多いというのも「aptX HD」の特長の1つです。

信号処理対応ビットレート遅延性ハイレゾ
48kHz/24bit576kbps約130ms対応

apt-X LL

aptX LL(出典:Qualcomm公式

「aptX LL(Low Latency)」もaptXを拡張したコーデックです。「Low(低い)Latency(遅延時間)」という名前の通り、圧倒的な低遅延を実現したコーデックです。

通常のaptXは70ms±10msの遅延時間といわれていますが、「aptX LL」は40ms未満と、もはや人間では知覚できないほどの低遅延を実現しているため、映画やゲームを楽しむにはもってこいなコーデックとなっています。

ただ、現時点で「aptX LL」に対応している機器が少なく、限られているため、今後の普及に期待したいところです。

信号処理対応ビットレート遅延性ハイレゾ
48kHz/16bit352kbps40ms未満非対応

apt-X Adaptive

aptX adaptive
aptX adaptive(出典:Qualcomm公式

「aptX adaptive」はaptXシリーズでは最も新しいコーデックで、これまで紹介してきたaptXシリーズとは違い、可変ビットレートに対応しており、「高音質を維持しつつ、安定した接続」を実現したコーデックです。

周りに何もなく通信が安定しているところではビットレートを大きくして音質を優先したり、周りが混雑して通信が不安定な場所ではビットレートを低くして接続安定性を優先したりと、周囲の環境に応じてビットレートを自動で変化させてくれる万能なコーデックとなっています。

こちらも最新のコーデックとなっているので対応する機器が少ないというのが残念な部分です。

信号処理対応ビットレート遅延性ハイレゾ
48kHz/24bit280kbps〜420kbps50ms〜80ms対応
関連記事
【激安】5000円以下の完全ワイヤレスイヤホンでこのスペックはやばすぎる!aptX Adaptiveにも対応しているSOUNDPEATS Sonicを徹底レビュー!

続きを見る

LDAC

LDAC
LDAC(出典:SONY公式

「LDAC」はSONYが開発した「超高音質」が売りのコーデックです。現状のBluetoothコーデックの中では一番高音質ではないかと言われています。

また、LDACではaptX adaptiveと似たような特徴として「音質優先モード(990kbps)」「標準モード(660kbps)」「接続優先モード(330kbps)」の3つのモードが選択可能になっており、周囲の状況からより最適なモードを設定することができます。

ただ、高音質という部分に重点を置いているため、かなりの遅延が生じてしまう点が「LDAC」の難点ではあります。

信号処理対応ビットレート遅延性ハイレゾ
96kHz/24bit990kbps
660kbps
330kbps
約1000ms対応

HWA

HWA
HWA

「HWA」は中国の通信機器メーカーであるHUAWEI(ファーウェイ)が開発したハイレゾに対応したコーデックです。

ビットレート値が900kbps、サンプリングレートが96kHz/24bitと、LDACに次ぐ音質となっていますが、LDACよりも遅延性に優れており「高音質かつ低遅延」を実現している非常に優れたコーデックと言えます。

また「HWA」には「ゴールド(900kbps)」「ダイヤモンド(500/560kbps)」「プラチナ(400kbps)」といった3つの認証グレードがあり、LDACと同様に周囲の環境に応じて音質を優先するか接続性を優先するか設定をすることができます。

ですが、ファーウェイの独自規格ということもあり、送信機側(スマホ)受信機側(イヤホン)ともに選択肢が限られてくるというのが残念なポイントであり、今後も日本国内で対応機器が増えてくるかは不透明な部分があります。

信号処理対応ビットレート遅延性ハイレゾ
96kHz/24bit900kbps
500/560kbps
400kbps
300~400ms
150~200ms
50~100ms
対応

Samsung Scalable Codec

SAMSUNG
SAMSUNG

「Samsung Scalable Codec」は韓国の電子製品メーカーである「SAMSUNG(サムスン電子)」が開発したコーデックです。

ビットレート値や遅延性は非公表とされていますが、サンプリングレートが96kHz/24bitとハイレゾ対応となっています。

また、低遅延が必要とされるゲームモードにも対応しているため、aptX AdaptiveやLDACと同様にビットレートを変えることができる性能も有していると思われます。

サムスン製のスマートフォン(Galaxyシリーズ)を使用している方でしたら、「Samsung Scalable Codec」に対応しているBluetooth機器を購入すれば使用することが可能となっています。

信号処理対応ビットレート遅延性ハイレゾ
96kHz/24bit非公表
(可変ビットレート)
非公表対応

高音質ランキング

今回紹介した主要なコーデックの中で「高音質ランキング」を作成しましたのでご覧ください。(「Samsung Scalable Codec」については詳細が非公表のため除外)

順位コーデックビットレート
1LDAC990kbps
2HAW900kbps
3aptX HD576kbps
4aptX Adaptive420kbps
5aptX384kbps
6aptX LL352kbps
7SBC(bitpool:53)328kbps
8AAC256kbps
9SBC(bitpool:32)193kbps

最も高音質なコーデックはSONYが開発した「LDAC」という結果となりました。さすがは60年以上オーディオ関連の研究・開発をしてきているというだけありますね。

Bluetoothイヤホン等でハイレゾ対応で高音質な音楽を楽しみたいという方には「LDAC」に対応したBluetooth機器の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

低遅延ランキング

続いては、今回紹介した主要なコーデックの中で「低遅延ランキング」を作成しましたのでご覧ください。(「Samsung Scalable Codec」については詳細が非公表のため除外)

順位コーデック遅延性
1aptX LL40ms未満
2aptX Adaptive50~80kbps
2aptX70ms±10mskbps
4AAC120ms±30ms
5aptX HD約130ms
6SBC220ms
7HWA300~400ms
8LDAC1000ms

最も低遅延なコーデックは「aptX LL」という結果となりました。Bluetoothイヤホン等でゲームをやったり、映画を観たりするのであれば「aptX LL」に対応したBluetooth機器を購入することをオススメします。

まとめ

では最後に今回紹介した内容をまとめて終わりにしたいと思います。

今回紹介した内容のまとめ

  • Bluetoothにおけるコーデックとは「音声データを圧縮・復元する方式」のことをいう
  • 送信側と受信側の2つが同じコーデックに対応している必要がある
  • Bluetoothオーディオにおける標準コーデックは「SBC」
  • iPhoneユーザにとっての最高品質コーデックは「AAC」
  • 最も高音質なコーデックは「LDAC」
  • 最も低遅延なコーデックは「aptX LL」
ゆっけい

今回の記事が皆さんのお役に立てたら嬉しいです!ではまた次の記事で!

関連記事
【価格破壊】Anker Liberty Air 2 proのコスパがやばすぎる

続きを見る

ゆっけい

東証一部上場企業に勤める「ただの家電マニア」が皆さんの生活を豊かにする家電を紹介していくサイトとなっています! お仕事のご依頼やご質問等は、お気軽にお問い合わせください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-イヤホン, ガジェット
-, , , , ,