Apple Mac

【2021年】M1チップ搭載の新型iMac自腹レビュー!これはほんとにおすすめ!開封&性能レビューを包み隠さず大公開!

ゆっけい

皆さんこんにちは!ゆっけいです!

今回はAppleがアメリカ現地時間2021年4月20日「spring loaded.」の中で公式発表した「新型iMac」がついにウチにも到着しましたので、開封&性能レビューを包み隠さず大公開していきたいと思います。

これから新型iMacの購入を検討している人やApple製品に少しでも興味を抱いている人にとっては非常に参考となる内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください!

新型iMac(M1チップ搭載)とは?

新型iMac

「新型iMac」とはAppleが独自開発したM1チップをiMac史上初めて搭載して、見た目・性能ともに大きく飛躍を遂げたiMacです。「新型iMac」の主な特長は以下の通りです。

ポイント

  • M1チップ搭載
  • ディスプレイの厚みわずか11.5mm
  • 豊富なカラーバリエーション
  • マウスやキーボードも色鮮やかなデザイン
  • 空間オーディオ対応スピーカー搭載
  • 1080pのHDカメラ搭載
  • Touch ID搭載のマジックキーボード
  • 高性能マイクの搭載

詳しくは関連記事【2021年】Apple新型iMac登場!M1チップ搭載で超薄型へ!を参考にしてください。

関連記事
【2021年】Apple新型iMac登場!M1チップ搭載で超薄型へ!~スピーカー・カラー・カメラ・24インチ~

続きを見る

開封レビュー

iMac開封レビュー
iMac開封レビュー

では早速「新型iMac」の開封レビューをしていきたいと思います。

梱包箱

まずは、新型iMacが梱包されている梱包箱の外観から見ていきましょう。

iMac梱包(全体)
iMac梱包(全体)

梱包箱はAppleにありがちなマット素材になっています。いつみても飽きない高級感のある箱なので個人的にはかなり好きです。

また、前面と背面には自分が選択したカラーのiMacがプリントされていて、とてもオシャレです。

iMac梱包(持ち手)
iMac梱包(持ち手)

また、梱包材上部に取り付けられている「持ち手」部分は従来のプラスチックから、高級感のあるメッシュ生地の「持ち手」へ改良されています。

しかも、自分が選んだボディー色と同じ色の持ち手になっており、かなり手の込んだ仕様ですよね。

ディスプレイと付属品の梱包
ディスプレイと付属品の梱包

梱包箱を開けるとまず最初にでかでかと「hello」と記載されたディスプレイが登場。

そのディスプレイの下には「MagicKeybord」や「MagicMouse」などの付属品がきれいに梱包されていました。

いつも以上に手の込んだ梱包となっていてGOOD!

ディスプレイ

iMacのディスプレイ
iMacのディスプレイ

続いて、ディスプレイの外観です。

ゆっけい

やっぱり、11.5mmという薄さから、横から見るとかなりスマートだね!

ディスプレイは4.5KのRetinaディスプレイが採用されており、Apple製品独自の画面のツヤ感がたらなく良いですね!

前面のベゼル部分(下)はライトグリーンとなっており、割とかわいい感じの印象でした。その反面、裏は濃いグリーンでかなりかっこよくスマートな印象を受けました。

前面のベゼル部分(下)にリンゴマークが欲しかった…。

付属品

iMacの付属品
iMacの付属品

続いて各種付属品を見ていきましょう。

ゆっけい

付属品も全体的にボディーカラーで統一されていておしゃれだね!

MagicMouse

旧MagicMouseとの比較
旧MagicMouseとの比較

今回iMacに付属されてきたMagicMouseを既にもっている旧MagicMouseと比較してみました。

表面は特に違いは見られえませんでしたが、裏面の比較をしたところ、旧MagicMouseではアルミ部分がシルバーにも関わらず、今回付属されていたMagicMouseのアルミ部分がボディーカラーのグリーンになっていました。

ただ、Lightningケーブルで充電という点と充電箇所が裏面にあるという欠点は改善しておらず、少し残念です…。

アルミ部分がボディーカラーと同色でかなりオシャレ!

MagicKeybord

旧MagicKeybordとの比較
旧MagicKeybordとの比較

続いては、今回iMacに付属されてきたMagicKeybordも旧MagicKeybordと比較してみました。

一番大きな違いとしては、やはりMagicMouse同様、アルミ部分(筐体)がボディーカラーのグリーンとなっているところにあります。

また、背面にも多少の違いがあり、旧MagicKeybordではツルツルだった背面ですが、新MagicKeybordではゴムのような質感となっており、打鍵時にも滑りにくいように改良されていました。

背面の細かな改良からAppleの本気具合が伝わってきた!

コード類

iMacのケーブル類
iMacのケーブル類

今回のiMacに付属されているケーブル類は電源アダプタ(コンセント側)を除く2種類のケーブルにおいては、コード部分がボディーカラーのメッシュ生地となっており、ケーブル類にもかなり力を入れている印象です。

また、今回から電源アダプタがMagsafe(マグセーフ)となっており本体側のこれまでのプラグ式よりも電源ケーブルの抜き差しが容易になっていました。

Magsafe
Magsafe

マグネットということで「抜けやすいんじゃないか?」と心配していましたが、全然そんなことない!かなり強力なマグネットのようで、プラグタイプより抜けにくいんじゃないかと思うほどでした。

ケーブル類という細かな部分にもこだわりの感じられてGOOD!

リンゴシール

リンゴシール

そしておなじみのリンゴシールです。なんと今回のiMacに付属されるリンゴシールはボディカラーに合わせた配色となっているようでした!

私のiMacはグリーンということで前面のライトグリーン、背面のダークグリーンをイメージしたカラーのシールが1枚ずつ入っていました。

前面のベゼル部分にリンゴマークがないことから「このシールを貼れえばいいんじゃ?」とも思いましたが、サイズが合わないようで残念です…。

使う機会が訪れるか分からないが、かわいい配色!

機能面のレビュー

iMac設置
iMac設置

では続いて「新型iMac」の機能面のレビューをしていきたいと思います。

ベンチマーク測定

まずは「新型iMac」のベンチマークを測定しました。

iMacのベンチマーク測定
iMacのベンチマーク測定    

「GeekBench」でベンチマークの測定を行った結果、シングルスコアは「1733」マルチスコアは「7692」という結果となりました。

GeekBench Browser

シングルスコアは、iMac史上で最高得点を叩き出す結果となりました!

さすがはシングルスコアに定評のあるM1チップといったところでしょうか。

GeekBench Browser

マルチスコアではさすがにintelMacには敵わず、「2019 Mac Pro(下位モデル)」の1つ下で13位という結果となりました。

ですが、M1チップ搭載としてはかなり健闘したほうだと思います。

購入価格からするとシングルスコア、マルチスコアともに高水準なスコアを叩き出している!

液晶画面の解像度

iMacの解像度
iMacの解像度

続いて「新型iMac」でフリー素材の画像を映し出してみました。

やはり4.5KのRetinaディスプレイを採用しているだけあってかなりの高画質で映像・画像を観ることができました。

また、新型iMacでは通常のsRGBよりも広域色な「Display-P3」に対応しており、10億色以上の色を表現してくれるため、本来の色彩を画面に投影してくれている印象でした。

さすがはApple!文句のつけようがないほどの美しい液晶・画質!

音響・スピーカー

iMacの音響・スピーカー
iMacの音響・スピーカー

続いては、ひそかに楽しみにしていた音響・スピーカーの機能試験です。

今回から6スピーカーサウンドシステムという6つのスピーカーを搭載しているだけあり、低音から高音まできめ細やかに響かせてくれる外付けスピーカーいらずのクオリティでした。

また、今回のスピーカーシステムでは空間オーディオにも対応しており、ドルビーアトモスのサンプル動画を視聴しましたが、左右だけでなく上下からも音に包み込まれるようで「プチ映画館」にいるような感覚でした。

外付けスピーカーがいらないほどの迫力感と繊細さを兼ね備えた音響!

まとめ

今回はこれから新型iMacの購入を検討している人やApple製品に少しでも興味を抱いている人に向けて「新型iMac」の開封&性能レビューを包み隠さず大公開していきました。

ゆっけい

今回の記事がみなさんの役に立てたなら嬉しいです!

また、ガジェットジェット公式YOUTUBEでも詳細なレビューを公開しているのでぜひチェックしてみてください!

ゆっけい

東証一部上場企業に勤める「ただの家電マニア」が皆さんの生活を豊かにする家電を紹介していくサイトとなっています! お仕事のご依頼やご質問等は、お気軽にお問い合わせください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Apple, Mac
-, ,